ユニフォームをゴミにしない
環境負荷の「減らす化」と「見える化」

環境推進室

ユニフォームをゴミにしない

アーシンクリサイクルシステム

チクマの環境推進室は、本業を通じた地球環境保全を実践するために95年に環境推進室を設置しスタートしました。できることから一歩づつ着実に環境事業の推進を図るため、先ずは当社のコア事業であるユニフォームのリサイクル事業に着手。98年には使用済みユニフォームを回収し自動車内装材に再資源化する「アーシンクリサイクルシステム」の稼働を開始。03年からはポリエステル高混率制服を回収しポリエステル原料に再資源化する「制服 to 制服」を具現化。04年にはリサイクルに関する特例制度として新たに法制化された「広域認定制度」の許認可(環境大臣認定)を全国第一号として取得。コンプライアンスを重視した「ユニフォームをゴミにしない」活動を進めています。

ライフサイクルシンキング

製品の一生を通じた環境負荷低減を図るため、再生ポリエステル繊維の使用(原材料段階)、再生可能エネルギー(グリーン電力)を用いた縫製(生産段階)、ホームウォッシャブル製品やクール&ウォームビズ製品の開発(使用段階)、使用済み製品の回収リサイクル(廃棄段階)など、ライフサイクルステージ毎の環境負荷削減手法を構築し、環境調和型製品の開発に努めています。

環境負荷の「減らす化」と「見える化」

環境ラベル

「エコ」と一言でいっても環境負荷は目に見えないものが大半です。リサイクル推進等による環境負荷の「減らす化」だけではなく、その効果を定量化するためにLCA(Life Cycle Assessment)を実践し環境負荷の「見える化」につとめています。また情報の透明性や信頼性を担保し、かつ分かり易く伝達するために「カーボンフットプリント」や「エコリーフ」といった環境ラベルの取得にも取り組んでいます。

環境関連の主な受賞履歴

経済産業大臣賞

経済産業大臣賞

平成21年度 第11回グリーン購入大賞
ユニフォームリサイクルの推進、LCAによるCO2排出量の見える化、これらの取り組みの継続性と発展の可能性を評価。

環境大臣表彰

環境大臣表彰

平成19年度 循環型社会形成推進功労者等
ペットボトル再生繊維の利用及び「広域認定制度」を活用し、使用済みユニフォームの再生利用を全国展開していることへの評価。

環境価値創造賞

環境価値創造賞

第8回 日本環境経営大賞
環境に関するビジネスモデルが新たな環境価値の創造に寄与し、持続可能な社会づくりに貢献していると評価 。

ISO取得情報



lSO14001の認証マーク
  1. 登録日 2000年4月17日
  2. 登録範囲 株式会社チクマ
    商業(繊維製品の卸売業)
  3. 適応規格 ISO14001:2004(JIS Q 14001)
  4. 審査登録機関 財団法人電気安全環境研究所(JET−EC)
  5. 登録番号 E00−123

リサイクルシステム ホームページ
リサイクルシステム ホームページ
http://www.chikuma.co.jp/ar/